性病かなと思ったらまず検査!病院でも自宅でも性病の検査が受けられます

性病かなと思ったら、まず病院や保健所、検査キットなどで性病の検査をしましょう。 性病の検査にあたり検査内容や治療費、保険が適応されるのかなど気になることがあると思います。 ここでは、検査前に起こる不安を解消できるとように性病検査について紹介しています。

*

性病の検査方法は性別によって違う

   

女性の性病検査の方法は?

女性の性病検査は主に血液、おりもの、のど粘膜を調べます。血液は最も良く行われる方法で少量採取してその成分から病気を診断していきます。血液から分かる病気は、HIVやクラミジア、梅毒、性器ヘルペス、B型肝炎、C型肝炎などです。

次に女性にだけ行われるのがおりもの検査です。これは膣内に専用の綿棒のようなものを入れて内側の粘膜部分から分泌物を採取する方法で、クラミジアや淋病、膣炎、ガンジダ、トリコモナスなどの病気に感染しているかどうかを診断することができます。

最後は喉粘膜です。性器周辺だけではなく喉にも感染することがあるため、カルポーターと呼ばれる綿棒のようなもので喉を軽く擦って粘膜を採取する方法です。この方法で分かるのは、クラミジアや淋病といった病気です。

病院で診断を受ける場合は全ての方法を用いて病気の感染を調べるわけではなく、最初に問診などで症状を把握し、大体の病気を予測して必要な方法で確認していくことになります。

男性の性病検査の方法は?

男性の性病検査方法は、血液、尿、陰茎擦過物から調べることとなります。症状によって受ける検査は違ってきますが、血液の場合は、採取した血液内にHIVと梅毒の抗体がないのかを確認していきます。

尿は男性だけに行われる方法で、PCR法にて尿中のクラミジア、淋菌、トリコモナス原虫の有無を確認することができます。一般的にこれらの性病は尿道に炎症や不快感を引き起こすことが多い病気ですので、尿から診断をつけることができるのです。

最後は専用の綿棒で性器を擦ることで採取できる陰茎擦過物を調べる方法です。これは主にカンジダ症感染の有無を知ることができます。女性と違ってあまり症状が出ない病気ですが、場合によっては、性器の強い痒みやただれなどが起こることがあるため、性器からの付着物が診断の決め手となるのです。

また喉の痛みや腫れなどが続いているような場合は、クラミジアや淋菌などが喉粘膜へ感染している可能性があるため、うがいした水から感染の有無を確認することもあります。