性病かなと思ったらまず検査!病院でも自宅でも性病の検査が受けられます

性病かなと思ったら、まず病院や保健所、検査キットなどで性病の検査をしましょう。 性病の検査にあたり検査内容や治療費、保険が適応されるのかなど気になることがあると思います。 ここでは、検査前に起こる不安を解消できるとように性病検査について紹介しています。

*

検査キットで性病検査を受ける場合のメリット・デメリット

   

お手軽な検査キットで性病検査

世界的に多い病気に性病があります。日本でも淋病などが問題になっていますが、もしかかっていたらと不安な人はすぐに確認をしましょう。性病の検査は病院以外でも市の保健所でも情報があったり実施している場合があります。

簡単な方法として郵送などでキットを個人で取り寄せて行うことも出来るようになりました。しかしそれにもメリットやデメリットは存在します。メリットはまず誰にも知られない事が可能だということです。

未成年だったり家族に知られたくない場合などかなり有効です。また予約などが不要で会社勤めで忙しい人にもおすすめの方法です。結果もwebで簡単に確認することで時間の節約になります。

デメリットは病院に行っていないので、もし罹患していた場合の対処ですが、もちろん病院以外では治療が出来ません。自分で結果を病院に持参しなければいけませんし再検査もあり得るからです。それ以外では特に不自由を感じないではないという所がこの方法の魅力となっています。

検査キットの精度は病院と比べて低いの?

コストパフォーマンスや手軽さ、匿名性や時間の制約を受けないなど、メリットしかないような性病の検査キットですが、心配なのは精度だと感じている人は驚くほど多くいます。

やはり簡単な方法なので病院の検査より正確性が少ないのでないかとの思いはやはり拭えません。比較をしてみるとその結果は心配ない、と言わざるを得ません。

キットの検査は、病院へ行って検査を受けるのと同等の水準で検査が出来る事が可能だからです。病院によっては外部の検査機関に外注という形で依頼していることも多く、ならば受ける場所が違うというだけとも言えます。

勿論キットでは検査出来ない病気もあります。そして病院の精度のほうがかなりの信頼性を持っていることは事実ですが、検査キットの信頼性が低いわけではありません。

厚生労働省が両方のやり方で再検査などの検証をして、問題なしとの回答を得ています。病院と同じような検査が自宅で受けられることは間違いなく魅力です。