性病かなと思ったらまず検査!病院でも自宅でも性病の検査が受けられます

性病かなと思ったら、まず病院や保健所、検査キットなどで性病の検査をしましょう。 性病の検査にあたり検査内容や治療費、保険が適応されるのかなど気になることがあると思います。 ここでは、検査前に起こる不安を解消できるとように性病検査について紹介しています。

*

病院や保健所で性病検査を受ける

   

病院で性病検査を受ける場合のメリット・デメリット

男性であれば淋病などは聞いたことがあるでしょうが、実際に罹ってしまった人も最近は多くなってきました。同じように女性も感染していまいますが、女性である性質上、感染してもなかなか病院に行こうという人は少ないです。

やはり恥ずかしい思いや家族に秘密で検査に行くことは難しい場合がほとんどです。病院で性病検査を受ける場合のメリットは、確実性です。日々進歩している医学の宝庫なので、しっかりとした結果を期待するからです。

そして結果がわかれば、そのまますぐに治療を始めることが出来るということがメリットです。逆にデメリットはどこにあるのでしょう。それは匿名性が失われるからです。

人には言いたくなく、家族にも秘密にしたい場合だと難しい問題です。性病かもしれないなどと、噂が立ってしまう事を恐れるからとも言います。

また忙しいことで予約が出来なかったり、診療時間に間に合わないこともあるかもしれません。そういう制約があることはデメリットと言えます。

保健所で性病検査を受ける場合のメリット・デメリット

市の保健所でも定期的に性病検査を行っています。

メリットとして病院より近所であったり費用面でも、HIV検査と一緒に受ける場合は無料になる自治体もあり安心です。匿名での受付もありますのでさらに安心して受けることが可能になりました。

デメリットは実施日や時間があらかじめ決まっていることです。その日に用事がある人は行けません。予約などもする、しないで分かれていますので各自治体へ問い合わせが必要となります。

予約不要としている場合の注意点はかなりの確率で先着順となっていることです。せっかく行っても受けられないことも考えられる事です。性病の項目が少ないこともデメリットとして挙げられます。

結果が来るのが遅く、陽性であれば改めて病院に行き治療という長いスパンが求められる事があり、急いでいる場合は特に病院もしくはキットの使用が良いでしょう。無料ということはありがたいですがきちんと把握した上で、保健所に問い合わせてみましょう。